トップページ >ホワイトニングは高い安全性を誇っている

ホワイトニングは高い安全性を誇っている

ホワイトニングが初めて導入されたのはアメリカとなっています。

 

1989年から導入されて20年以上経っているのですが、特に問題も発生しておらず、ホワイトニングの安全性の高さが証明されています。

 

ちなみに20年位前に始めてホワイトニングが導入されたわけですが、研究は150年以上前から行われてきました。研究が行われ始めたばかりの頃は、酸やミョウバンで歯に付着している色素を分解させて歯を白くさせていました。

 

ですが、酸にしてもミョウバンにしても歯の耐久度を下げてしまったり、傷つけてしまうことから、薬剤を使って歯を白くさせることはできないか研究が行われるようになりました。そして、研究の結果、現在ホワイトニングで使われているホワイトニング剤が開発されたのです。

 

このホワイトニング剤につかわれているのは、過酸化水素といわれる成分となっているのですが、この過酸化水素は1884年から研究が行われていました。

 

現在、ホワイトニングで使用されているホワイトニング剤というのは、アメリカ歯科医師会やアメリカ食品医薬品局でも安全性が認められて認可を受けています。

 

このように、これまでの歯を白くする方法よりも安全性が高いとされているのですが、医療機器を使ったり、薬剤を使用するわけですから、100%安全だという保障はありません。少しでも安全性を確保するために、実績のある歯科医院でホワイトニングをしてもらうべきです。

 

現在、ホワイトニングを導入していて、実績も築き上げている歯科医院はたくさんありますから歯科医院選びは難しくないでしょう。ただ、歯科衛生士や歯科医院の管理力や技術力がある市会員を見つけるようにしたほうが安心してホワイトニングをしてもらうことができるでしょう。