トップページ >授乳中のハチミツは?

授乳中のハチミツは?

授乳時期には甘いものは基本的に控えるように言われます。しかし、健康的なハチミツであれば良いのではないか、という疑問もありますよね。この時期のハチミツは大丈夫なのでしょうか?結論を先にしますが、ハチミツは大丈夫です。

 

授乳中の母親がハチミツを食べたとしても、ボツリヌス菌による悪影響が出るなどの問題はありません。あくまで、直接食べさせた場合が問題なのであり、母乳からは感染しませんので心配は不要です。授乳中のハチミツは、おっぱいの出もよくなるそうで、産科医もハチミツショップの店員さんもOKを出しています。

 

ハチミツは体内で殺菌効果もありますし、甘くて美味しく、多くの栄養を含んでいますからいいことばかりです。ハチミツに含まれる糖分には、体内で善玉菌を増やす作用もあると言われています。

 

そんなハチミツでも、当然摂取過剰はよくありませんから、ほどほどが大切ですが、一般的に使われている砂糖と比べてもエネルギーに変わりやすく、疲労回復に役立つといわれていて、害になることもほとんどありません。ただ、ハチミツの種類によっては香りが残りやすいものもあるようで、その香りを赤ちゃんが嫌がって、抱っこや授乳の際にむずがることが有ります。香りの少ないものを選ぶと良いでしょう。

 

甘いものをなかなか食べられない時期ですが、そんなときにはスプーン1杯を毎日なめるというのも良いのかもしれませんね。このようにしている健康法もありますから、健康のためにも良い習慣になると思いますよ。