サイトトップ > サイトマップまで放置

気になる汗臭はデオドラント商品で消臭しよう!

日本は夏になると気温が上昇するにつれて、湿度までかなり上昇することになります。ですから、服の下は蒸れやすくなっており、体臭を発しやすくなってしまいます。

 

なので、夏場は特に消臭対策をするようにしなくてはなりません

 

以前は、駅にしてもデパートや会社にしても、夏になると設定温度を低くしてクーラーをつけているということが多かったのですが、現在は節電をするために、設定温度を高めにしています。ですから、汗をかいて体臭を発してしまわないか不安になっている人も多いのではないでしょうか?

 

体臭が気になるのであれば、デオドラント商品を使ってみてはいかがでしょうか?デオドラント商品は消臭や防臭だけではなく殺菌作用もあるためお勧めです。

 

ロート製薬

 

ロート製薬が販売をしている薬用メンソレータム・リフレアデオドラントリキッドは、雑菌を発生しないようにして、ワキの臭いが生じないようにするためのデオドラントとなっています。

 

ニベア花王

 

そしてニベア花王が販売をしている泡で足すっきりウォッシュという商品は、臭いを発する原因になる細菌を取り除いたり、脚の汚れをせ洗浄してくれる洗浄液となっています。ですから、防臭だけではなく殺菌もしてくれます。

 

ユニリーバ

 

次にユニリーバが販売をしているレセナ・スポーツパウダースプレーは、スポーツをした後や暑い日に汗をかいたとしてもスプレーをした箇所はとても涼しく感じます。

 

資生堂

 

3つ目に資生堂のシーブリーズ・デオ&ウォーターという商品があるのですが、パウダータイプとなっており、肌をサラサラにしてくれるだけではなく、防臭もしてくれます。また、全身に使うことができるため、ワキ以外にも顔などにも使うことができるようになっています。

 

このように、色々なデオドラント商品が販売されています。デオドラントを上手に使うことで、人が密集をしている場所や暑い時でも汗のにおいを気にせずに過ごすことができやすくなるでしょう。

 

加齢臭や体臭の原因はなに?

アポクリン腺が耳にも存在しています。そして、アポクリン腺から汗が出て、耳垢が通常よりも柔らかくなっていきます。

 

普段から、耳垢が柔らかい状態になっているのであれば、強い体臭を発しやすい体質であったり、ワキガになりやすい体質であるの可能性があります。対策としては体臭サプリを利用するのが吉じゃないでしょうか。

 

耳の中でも、耳の裏の顎と頭蓋骨の隙間になっている個所というのは、匂いが強くなりやすいです。普段から、耳の裏をしっかり洗うようにしておかなくては、匂いを放っている物質が溜まってしまって、匂いを発するようになるかもしれません。特に夏場は汗腺から分泌される汗の量が増えますから、こまめに洗うようにしましょう。

 

また、中耳炎や外耳炎などといった耳の病気になってしまったことが原因で耳から臭いを発するようになることもあります。耳が痛かったり耳から膿が出たりしてしまっているのであれば、耳鼻科で治療をしてもらうようにしましょう。

 

耳の体臭というのは、脇などと比べると臭いがかなり弱くなっていますから、周りの人に体臭を気づかれにくいです。ただ、耳の裏はしっかり洗うようにしなくては、だんだん強い臭いを出す可能性が高いですから、お風呂でガーゼなどをでしっかり洗うようにしてください。

 

高血圧のメカニズム

 

高血圧という言葉はほとんどの人が聞いたことがあるくらい、広く浸透した病名のひとつです。人間の血圧というのは、少し身体を動かすだけでも上昇し、寒さを感じたりするだけでも上がるもの。こういった一時的な血圧の上昇は高血圧とは言わず、高血圧の場合は常に高い状態のことを言うのです。

 

安静状態で測って血圧が高いと危険
血圧を測る場合、なるべく気持ちを落ち着かせた安静状態の時に測ります。安静状態なので身体を動かしませんし、寒さなどのストレスを感じることもないので、普段の血圧を測ることができます。血圧には正常値がありまして、安静状態ではかった血圧が正常値よりも高い状態が続くようだと高血圧と診断されるのです。

 

高血圧になりますと、血管に圧力がかかる状態が続くため血管に負担がかかったます。そうなることで、内壁が傷つくことや柔軟性がなくなることなどが原因で動脈硬化発症のリスクが高まり、脳卒中や心筋梗塞などの病気を発生させてしまう原因ともなりかねないのです。

 

血圧は血液が押し出されているときの圧力
身体には細いものから太いものまで、何本もの血管が通っています。血管に血液が流れることで、生命活動が維持できているのですが、心臓から押し出されている血液は毎分70回ほどだと言われています。

 

押し出される瞬間は血管に強い圧力がかかるのですが、この時にかかった圧力が最高血圧で、強い圧力がかかったあとは元に戻ろうとするために圧力が低くなります。圧力が低くなったときが最低血圧ということになっているのです。

 

キャットフードのタイプとは

 

キャットフードも様々な種類があるものですが、この一番大きな分類がドライタイプかウェットタイプかというところです。これは何が違うかと言えば、水分の含有量と言うことができます。

 

ドライタイプと言われる種類のキャットフードは、水分含有量が10%以下のキャットフードです。これはどうして乾燥しているのかというと、密閉管理をすることで長期保存が可能でコストパフォーマンスが出るものです。

 

食感も、カリカリとした硬めになるのでしっかり噛んでアゴを鍛えたり、歯石を磨き落とすこともできると言われています。デメリットは、水分が少ないので食べにくいと感じたり、一緒に水分を与えないと脱水症状を起こすので注意しましょう。

 

ウェットタイプのキャットフードは、水分含有量が75%以上となっています。水分に多くの栄養素などが出ているので、素材の臭いや味が強く出るという特徴があり、自然に近く、猫にとっては非常に満足度の高いキャットフードと言えます。

 

食欲が落ちているときや何かのごほうびに最適と言えるでしょう。デメリットは自然な分、歯石を作って口臭の原因になりやすいということ、そして開封後の賞味期限が短いなどの問題があります。

 

猫は飽きっぽいと昔からよく言いますが、これは生活習慣だけでなく、食事の好みについても同じです。毎日美味しいものばかりを食べても飽きてしまいますから、人間と同じようにいくつかの種類を入れ替えながら提供するのが良いでしょう。

 

こちらも参考に>>>猫のアレルギー対策におすすめのキャットフードは?人気ランキング